理論予想問題

個人的な予想問題ですね。

まあ、延納は本試験の傾向的に、また、事例については、傾向を考慮し、みなし取得財産の低額譲受等が事例を作りやすそうなので考えてみました。

ただ、予想はあくまで予想ですよ。

平成29年度 本試験予想問題

問1

 相続税法に定める延納の内容を説明しなさい。

問2

 夫甲と配偶者乙が共有で居住用住宅を取得し、連帯債務による住宅ローンを組んでいた場合において、その後における以下のそれぞれの場合の贈与税の課税関係はどうなるか、次の問いに答えなさい。

 

問① 相続税法第7条、第8条、第9条に定める低額譲受等の内容について説明しなさい。

  ただし、扶養義務者に関する内容については説明を要しない。

 

問② 配偶者乙の退職により、夫甲が配偶者乙の債務を代わって返済することとした場合

 

問➂ 住宅ローンを借り換え、配偶者乙の債務を夫甲が肩代わりした場合

 

問④ 住宅の名義を夫婦の共有から夫甲の単独所有にするとともに、住宅ローンを夫甲のみが引き受けることとした場合

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。
このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。
こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)

目次
閉じる