出題のポイント

本日税理士試験の出題のポイントが国税庁のホームページで公表されましたね。
https://www.nta.go.jp/taxes/zeirishi/zeirishishiken/point2018/05.htm
最近の相続税法のポイントは理論に限り丁寧に作られているので模範解答が読みやすいです。

・出題のポイントを見た個人的な感想

出題のポイントを見た個人的な感想ですが、第一問(理論)の問1が勝負の分かれ目となるような気がします。

本問において試験委員は相法66条の2第1項(特定の一般社団法人等に対する課税)、相法66条第1項(人格のない社団等に対する課税)、相法66条第4項(持ち分の定めのない法人に対する課税)、相法9条の4第1項から3項(受益者等の存しない信託等の特例)を満遍なく解答することを求めていると思います。
ただし、これらをできた人はかなり少ないと思いますので、個人的な合格答案の予想としては、
➀ 該当規定を3以上タイトル上げできたか。
➁ タイトル上げした理論を暗記したテキスト通りに書けたか。(理論の精度は重要です。)
になります。

なお、頭一つ抜けた答案は、受益者等の存しない信託等の特例について、自分の言葉でも良いので説明し、かつ、他の規定をテキスト通り完答できた答案だと思います。(時間的にかなり厳しいと思いますが・・・)

これは、受益者等の存しない信託等の特例以外の規定については、第一問(理論)の問1、問2において専門学校の予想通りに出題されたため、ほとんどの方が高精度で解答できていると考えるからです。

第二問(計算)で気になったところは小規模宅地等の論点ですかね。
資料不足にもかかわらずポイントに記載されているため、試験委員が疑義の生じる論点に合否を分ける配点を置いた可能性が有ることが予想されますね・・・

むむむ・・・

 


書いてる時に聞いたアルバム
DIR EN GREY
The Insulated World
今更ながらDIRにはまってます。
新譜のThe Insulated Worldですが、時にヴォーカルが奇抜な発声をしていて、かつ、ギターが激しく歪み、リズムが荒々しく暴力的な感じはしますが、メロディーは相変わらず綺麗で聞きやすく最近のお気に入りのアルバムです。(カラオケでは絶対に歌えないですが・・・)
特に良いのはM1・M2・M3・M5・M7・M8・M10・M12・M13
MACABREも最近なぜかよく聞きます。

ABOUTこの記事をかいた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。 このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。 こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)