取引相場のない株式の評価の主な改正

取引相場のない株式の評価について平成29年度に於いて改正が予定されております。

改正がされた場合には平成29年1月1日以後相続又は遺贈、贈与により取得した取引相場のない株式は、次のルールに基づき評価することになります。

目次

[1] 会社規模の判定の改正

⑴ 従業員数基準の改正

改正後は直前期末以前1年間に於いて、従業員数が70人以上の会社は有無を言わさず大会社となります。

⑵ 総資産価額基準と取引金額基準の改正

判断の基準となる金額が変わります。

明細書を確認すれば分かる部分になりますね。

[2]  類似業種比準価額の改正

類似業種比準価額の算式の改正

評価する際の算式が次の通り変更となります。

つまり当社の資本金等ベースに換算する前の算式に改正が入るということですね。

また、類似業種比準価額のAについて課税時期の属する月以前2年間の平均株価を用いて評価することが認められます。

主な改正はこんなところですかね。

類似の算式をうっかり5でやらないように注意ですね~

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。
このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。
こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)

目次
閉じる