継続は力なり

ここ最近SUSURUTVの動画にはまっていて毎日ラーメンを食べています。(土:滝野川大勝軒 日:東京豚骨BASE 月:スーパーカップ 火:やすべえ 水:凪)
ご存知の方も多いとは思うのですが、配信者のSUSURUさんはこの3年弱毎日ラーメン食べています。

にもかかわらずこれが本当に美味しそうに食べるんですよね。

本当にラーメンが好きなんだなと感心します。

ただ、第一回と比較するとだいぶ肥えているので、企画名称の健康生活とはやや離れているような気はしますが・・・

まあ、影響を受けていますので、講義にSUSURUさんのフレーズを取り入れたりもしているんですよ。

例えば黒板に投影図が写し出るときに「こちらでーす。ドン」とか。
まあ誰も気づいてはいないと思いますが・・・

ちなみに今日は事務所の近くの凪で煮干しラーメンを食べましたね。いや~美味しかったです。

・・・・

こんなことをだらだらと語りたかった訳ではないのです。
開校して1月ほど経過したため、そろそろ色々と気が抜けてしまう時期かと思うので、合格するためには勉強を根気よく継続することが大事という話をしたかったのです。

特に今の時期はなんとなくテストの調子が良ければ試験を舐めて、悪ければやる気をなくすような時期だと思います。

そんな時期なので今一度受かるために何をするべきなのか整理してみようかと思います。

➀ 計算の問題集を3回解く。計算テキストも見直す。

これ超重要です。
特に問題集の計算問題を解いてください。(テキストの見直しも大事なのですが、併せて問題集も満遍なく解いてください。)
その理由は問題を解くことで本試験でのその解き方の基礎が自然と身につくためです。(資料の整理・算式の立て方等)
また、3回解く理由は実体験からですかね。(1回目は講義直後、2回目は講義後2~3日後で間違えたところを意識しながら、3回目は確認テストの近く。)

➁ 暗記をあきらめずにやる

今やらないと本試験直前でつらい目にあいますよ。
理論を絞るのは本試験の2か月くらい前からにしましょ。
特に相続税法の場合には理論の正確な暗記が重要です。
覚えづらいものはカッコ書きを飛ばしてでも良いので頑張って覚えましょう。(ハードルは高すぎるとやる気をなくしますので。)
また、正確に暗記することで、計算で思わぬ問題が出題された場合に、理論の知識で対処できるときがあります。

➂ しっかりと寝る

どうせ6月くらい(本試験2月前)から睡眠時間を削って理論の暗記することになります。
今はしっかりと睡眠をとり体を休めましょう。
また、病気等があれば今のうちに対処できることはしておきましょう。(私は今上咽頭炎の治療の真っ最中です。相当良くなってきました。)
大体12月から忙しくなる人が多い業界なので・・・

こんなとこですかね~

なんとなくSUSURUTVのことを書きだしたらSUSURU愛に溢れているため無駄なことを書きすぎてしまいました・・・(気になる人はYOUTUBEで検索~)


書いてる時に聞いたアルバム
アーティスト名:SUSURU
アルバム名:不明

最近長女が反抗期でうるさいので
仕方なく自分の部屋に引きこもりSUSURUさんの動画を見ながら書きました・・・

ABOUTこの記事をかいた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。 このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。 こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)