耐用年数が2年の場合の定率法の償却率

中古資産を取得した場合には、簡便法により耐用年数を計算し減価償却を行う事がほとんどです。
また、その計算した耐用年数が2年となることがあります。
今回は、耐用年数が2年となった場合の200%定率法での償却率について説明致します。

 償却率

償却率は1.000となります。
つまり、1年通しで使用した場合には全額が損金となります。

え・・・

意味が分からないと思いますよね。

私もそう思います。

でも、これで良いのです。

そこは割り切って考えるのが吉です。

理屈としては200%定率法は、定額法の償却率を2倍にした償却率で減価償却費を計算する方法です。
従って、耐用年数が2年の場合の定額法の償却率を2倍にすると

0.500×2=1.000
(定額法の償却率)

となるため、1.000の償却率で減価償却費の計算を行います。

よく節税本で4年落ちの中古車を購入すると節税になるとありますよね。
それは、耐用年数を簡便法で計算するとその耐用年数が2年となり、購入年に多額の減価償却費を計上できるからですね。


たまたま株の評価で圧縮記帳を受けた減価償却資産があり、自力で減価償却を計算したためこの記事を書いてみました~

ABOUTこの記事をかいた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。 このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。 こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)