1回実判を採点した感想(相続税法)

目次

[1] 理論について

理論は単純に暗記した内容を指示に従いベタ書きする問題なので高得点勝負。

過去の本試験においてもベタ書きの問題は数多く出題されているので軽視するのは厳禁。

得点が伸びなかった方は理論を正確に暗記し速く正確に解答できるようにしましょう。

実判期の理論の暗記時間は平日2時間、休日4時間が基本形

時間を作って暗記を進めていきましょう。(早起き・通勤時間・隙間時間色々できることはあると思います。)

[2] 計算について

計算は実判期にしてはボリュームが多かったようで納付税額を出した方はほとんどいませんでした。

速く正確に解答するためには正確な知識が必要不可欠となるので、間違えた個所、迷った個所のテキストの読み返しと計算パターンの暗記のために個別問題の解きなおしをして下さい。

また、週に宿題以外で総合問題を2題解きましょう。(時間がなければ課税価格の合計表や相続税の計算表は埋めずに目標時間から△10~15分で解く)

具体的には間違えた個所、迷った個所の学習時期におおよそ対応する確認テストや問題集の総合問題を解いてください。

また、速く正確に解答するためには解答上のテクニックが多数ありますのでそれらを積極的に導入しましょう。

例 計算過程の省略、文字・数字の書き方、電卓のたたき方、解答手順など

まだまだ時間はあります。

導入できることはすべて取り入れましょう。

また、本試験までの毎日は自分との戦い(合格したい欲望以外の欲望を殺して過ごす日々)だと思いますが、できる限り明るく前向きに過ごしていきましょう。

なお、得点分布表は下記リンクより確認できます。

https://www.o-hara.jp/study_service/zeirishi/ranking/


仕事が忙しくて全然記事を書けない・・・

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。
このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。
こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)

目次
閉じる