3回実判を採点した感想(相続税法)

目次

[1] 理論について

暗記を正確にしていれば解答できる問題でした。

問1 特定物納の精度が悪かったです。

問2 還付加算金を書いている方が少なかったです。

[2] 計算について

私の担当しているクラスはあまりよくなかったかな。

ケアレスミスをしている方が多かったです。

原因としては年齢の資料の与え方が特殊で見慣れない形だったことなどで、心が揺さぶられ後ろ髪を引く思いになりミスをしたのかなと思います。

私自身、受験生時代の初期においては、見慣れない資料を見たときや、解答の二択で迷ったところなどがあると、不安な気持ちになり資料の見直し、電卓の叩き直し、解答の再確認を何度もしていましたが、

それでは合格できないと気付きやめました。

その理由は、合格するために重要である時間を無駄遣いしているからです。

合格するためには割切ることが大事です。

受験のために費やしてきた時間が多ければ多いほど絶望的な気持ちになるのは分かるのですがやめましょう。

マイナスのことを考えそうになったらみんな同じ気持ちになっていると思いましょう。そして気持ちを切り替えましょう。

他のところで正解して本試験の上位10%に入ればよいだけです。


先週はダービーウィークだったから点数が悪くても仕方ない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。
このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。
こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)

目次
閉じる