税法理論の暗記方法(主に相続税法初学者向け)

新年度の初講義も終わりなんとなくほっとしてる今日この頃です。

さて、初学者を対象にした税法の理論の暗記方法を簡単にですが紹介していきます。
(勉強は最初に良い習慣をつけるのが肝心だと思います。最初に良い習慣をつけられるとそれが自然と継続し勉強をする癖がつきますよ。頑張って!)

[1] まずは相続税法を楽しみましょう

好きこそものの上手なれって言葉がありますよね。

相続税法を受講するってことはこの科目に興味があり、また、ご自身の想定する将来の展望があり選択されたのだと思います。

色々と小難し言葉があるのであれなんですが、くじけそうになったら相続税法を受講しようと思った一番最初の気持ち(野望)を思い出すなどして、相続税法の受講及び勉強を楽しめるように色々妄想をしてこの科目を好きになって下さい。

ちなみに私が相続税法を受講した最初の理由は、税法受講前に財務諸表論を受講していて、時価という言葉が頻繁に出てきて、じゃあ税法上の時価ってなんだろ?って思ったことです。

[2] 税法理論の各規定の全体像をつかみましょう

各規定(1-1など)の[1]、[2]などの各ブロックの個々の取り扱いを暗記する前に、[1]から最後の[]までのタイトルを確認し、各規定(1-1など)の全体像を把握しましょう。

暗記する場合にはまず[1]から暗記し、それが終わると[2]を暗記し・・・と進めていく方がほとんどかと思います。

このように進めるのは当然なのですがまずは暗記をする前に各規定の[1]~最後の[]までのタイトルを確認し、その全体像を把握しましょう。

木を見て森を見ずではありませんが、日ごろから規定の全体像を把握していないと本試験で解答が漏れる場合があります。

これって悔やんでも悔やみきれない合否を分けるミスですよね。

そのミスが生まれる理由は、規定の全体像をつかまずにやみくもに個々の税法条文を暗記しているからだと思います。

日ごろから全体像をつかみ、本試験では漏れのないようにしましょう。

[3] 覚えにくいかっこ書きは最初は飛ばして覚えましょう。

ものにもよりますが、覚えにくいと感じたかっこ書きは、まずは飛ばして暗記しましょう。

まずは各理論の大筋を掴むのが大事ですよ。

本文部分の暗記が有る程度できてきたら、かっこ書きも含めて暗記をしましょう。

[4] 一つのブロック([1]など)の暗記に時間をかけすぎない

税法理論は難解なので、最初の頃は1ブロック([1]など)に1時間かけても正確に暗記ができない場合がありますが、一つのブロックに時間をかけすぎて他の部分の暗記ができないのは学習のバランスが悪いです。

したがって、覚えられなければ覚えられないで割り切って次のブロックに進みましょう。(ものにもよりますが一つのブロックにかける時間は10分くらいが限度)

正直きりがないので。

何回も繰り返し読んでいればそのうち暗記できますよ。(回転数が重要かと思います。)

一つのブロックにこだわりすぎて他の部分がおろそかにならないようにしましょう。

[5] 理論の暗記は毎日しましょう

理サブは受験生の精神安定剤

理サブを毎日出先に持って行き暗記をして下さい。

平日は30分でも1時間、場所はどこでも良いので読む時間を作って下さい。(希には呑み会帰りの電車で酔っぱらいながらでも良し)

・私の受験生時代の平日の暗記

ちなみに私は受験生時代平日は通勤の電車で黙読をして暗記していましたよ。(行きの電車30分・帰りの電車30分)

なお、このご時世在宅勤務で通勤時間がない日もあるかと思いますが、これは勉強をするチャンスだと思います。(家で集中して暗記ができない方は、暗記作業を行う場所を決めて自分自身の暗記スイッチを入れるのが良いと思います。私の受験生時代の理論暗記をする場所は風呂でした。どこでもよいのですがその場所を早めに決めてスイッチが入るようにしてください。普通に集中できる人は無視してOK)

在宅勤務の日はいつもより30分くらい早く起きて理論の暗記、昼休みもご飯を食べたら勤務時間まで少し時間があると思うのでその時間などで暗記しましょう。

ほかにも在宅勤務により、自由になる時間は増えていると思います。勉強できるチャンスなので隙間時間を見つけて暗記をしましょう。

また、家で暗記をする場合には音読をして暗記をしても良いと思います。音読、黙読のどちらが良いかは人それぞれなので色々試して自分に合う方法を見つけてください。

熱い気持ちを持っている今のうちに毎日理論暗記をする癖をつけましょう。

・私の受験生時代の休日の暗記

休日は家などで合計2~4時間くらい暗記をしていました。

また、どうしても覚えられない理論は書いて覚えていました。(黙読、音読に比べて時間がかかるので最後の手段の位置づけ。)

不思議なことに書くと暗記できるんですよね。

なお、暗記の作業をしていて集中が切れたら5~10分くらい休憩を必ず入れていました。

暗記は集中が大事です。

長時間の暗記のときには休憩を必ず入れましょう。

[6] 暗記した理論を忘れても気にしない

宿題の理論を暗記してミニテストで解答できる→素晴らしいです!

でも他の理論暗記したら忘れました→大丈夫です!

みんな忘れてます。

気にせずに与えられた宿題を迷わずにこなしていきましょう~


理論の暗記は大変ですが暗記することで条文の理解につながると思います。(規定文を暗記することでベタ書きの問題のみならず事例問題も正解できます。)
一生ものの知識を身に付けるために暗記作業を本試験まで継続しましょう。

計算も忘れずに復習し、次の講義までに問題集を3回解いてください。

ABOUTこの記事をかいた人

池袋で所属税理士・税理士受験・相続税法の非常勤講師として活動しています。 このブログでは税務に関する情報や税理士試験に関する情報を発信しています。 こうみえて昔はV系バンドマンでした~(*´-`)